引越しの挨拶

引越しの挨拶には、「入居の挨拶」と「転居の挨拶」の二通りあります。
入居の挨拶は、一戸建てであれば、これから迷惑をかけるかもしれない隣り近所。
マンションのような集合住宅の場合は、両隣りや上下階の住人に挨拶をしておいた方がよいでしょう。
また、転居の挨拶については、今までお世話になった感謝の気持ちを込めて、親しくしていた隣り近所の住人に引っ越すことを知らせます。


マンションに管理人さんがいたり、大家さんが近くに住んでいる場合は、そちらに先に挨拶に向かいましょう。
マンション内の情報をいろいろ教えてもらえるかもしれません。
特に、ゴミの管理などは、後々トラブルになることがありますから、分別方法などを含む「ゴミ出しのルール」を確認しておきましょう。


引越しの挨拶状は、「転居のお知らせ」で新居の住所を教えましょう。
親しくしている友人や知人には早めに教えておかないと、引っ越した後で宅配便が届いたり、電話がつながらないことなどがあります。


また、引っ越す際には「挨拶品」を配りますが、500円~1000円程度で、タオルや菓子折りなどが一般的です。
ただ、食べ物の場合は、すぐに渡せない場合がありますから、賞味期限の長い日持ちする食品がよいでしょう。
洗剤や石けんといった、いくつあっても困らない日用品などもいいかもしれません。


なお、挨拶する際には、できれば家族全員で会った方がよいでしょう。
お互いの家族構成などを把握しておいた方がいい場合があります。
特にお子さんがいる場合は、隣り近所に迷惑をかけがちなので、顔を合わせておきましょう。

Copyright © 2014 引越しの挨拶どうする? All Rights Reserved.